忍者ブログ

sound note

ピアノが好きです。以前はブログに「初心者だけど、ピアノが好き」という名前をつけていました。 最近はアナログシンセサイザーにも興味があります。 音楽に関することがメインになりますが、書くことも好きなので、自分の書きたいことを自由に書いています。

知りたい!ショパンコンクール

ショパンコンクールを知らない私が
1年かけて調べていって来年のショパンコンクールを
楽しく観ようという企画記事です。
記事のタイトルは全て同じ「知りたい!ショパンコンクール」
カテゴリーは「Ennjoyショパンコンクール」になっています。


エチュード、ソナタ、幻想曲、ワルツ、ノクターン、コンチェルトなど
ショパンコンクールで演奏される曲は多岐にわたりますが
どんな曲か説明してと言われると私は困ってしまいます。
知ったかぶりをしないで、浅くでいいから
説明できるようになりたいなと思って調べてみました。
調べていくうちに、言葉の意味を知っていたら
その曲がどんな曲がわからなくても、
少し想像がつくようになるということに気付きました。
けっこう長くなるので、少しずつ分けて書いていきます。
今回はエチュードです。

エチュード
日本語にすると練習曲。
エチュードはフランス語で
未完成の段階にある芸術作品や論文、研究、
学問、研究論文などの意味がある。
語源はラテン語のstudium
(研究、趣味、仕事、熱意、愛着)。
器楽や声楽の基礎的テクニックを習得したり、
いっそう磨くことを目的とした特定の形式を持たない曲。
ふつう、多くの練習曲は、各曲ごとに音階とか分散和音
など、主としてその曲で習うものがまとめられ、
同じような形で反復するようになっている。
ピアノ曲などには、単なる練習曲ではなく、豊かな音楽性と
高度なテクニックを見せるための演奏会用の練習曲もある。
ショパンの練習曲は3つ。作品10、作品25と
作品番号のない 3つの新練習曲 『モシェレスのメトードのための』
(作曲家モシェレスとフェティスの編纂した教則本
「諸メトードのメトード(Methode des methodes)」
の中に含まれている。)がある。
ショパンの練習曲は音楽的にも完成された作品であり、
演奏会でも取り上げられることが多い。

今回は意味調べなので、このへんにしておきます。
作品10、作品25については、
また別の機会に書きたいと思っています。
PR

じっくり期間

優雅な人、全然弾ける気がしない。
って言ったら、
そう思っているからだよ
って言われました。
本当に弾ける気がしないので、
もうリセットして今からスタートと思って
やることにします。
ちょうどエリーゼのためにが
スタートしたところなので合わせて
ゆっくりやっていこうと思います。
で、そのエリーゼは先週から4小節だけ先まで
練習していきました。
ペースを落としている理由は、
聞き慣れた曲だから
譜読みを急ぐと何となくで弾いてしまって
楽譜を丁寧に見なくなりそうで
わざとペースを落としてみたっていうのもあるんだけど、
今のところはそれが良い方向に働いている気がします。
先生からも今はじっくり期間だね。って言われて
なんかこうやってゆっくり進むのもいいな~と思いました。

知りたい!ショパンコンクール

ショパンコンクールを知らない私が
1年かけて調べていって来年のショパンコンクールを
楽しく観ようという企画記事です。
記事のタイトルは全て同じ「知りたい!ショパンコンクール」
カテゴリーは「Ennjoyショパンコンクール」になっています。

今回は提出するビデオや書類についてです。

所定の申込書
略歴(1,000 字程度)
生年月日が証明できる公的証明書のうつし
最近撮影した写真 3 枚
(うち少なくとも 1 枚は印刷物用ポートレート)
音楽学位証明書の写し
教授や著名な音楽家からの推薦状 2 通
過去 3 年間の音楽的活動を証明する書類
(演奏会のプログラムやチラシなど)
参加費用支払い証明(送金控え) など
言語は全てポーランド語または英語またはフランス語で書かれていること
コンクール参加費は100 ユーロ(約 12,000 円)

審査用ビデオは撮影に関して決まりがあり
演奏者の右側から、
1 つのビデオカメラで、
演奏者の全身と、手が写るように撮影する。
1 曲の間は途切れないように撮影し、
全曲を同じ場所から続けて撮影すること。
音の大きさ等調整は不可。
avi ファイル、または mp4 ファイル形式で作成
(4 曲合計で最大 200MB まで)し、
データを提出すること
となっています。

初めにみた時は提出する物が多いなと思ったけど、
よく見てみると、意外と門戸が広いなと思いました。
あと、参加費が私の教室の発表会と同じぐらいの金額で
ぴっくりしました。
若手の登竜門となるコンクルールだから
参加しやすくなっているのかな。
ビデオについては個人差が出ないように細かく決めて
なるべく公平に審査できるようにしているのかな。
そうそう、昨日の記事で、審査員が公開されていると書きましたが、
事前審査に出場する人も公開されているんです。
https://chopin2020.pl/en/competitors
(私も最近覚えたのですが、
コンクールに挑戦する人のことをコンテスタント、
競争者、競争相手のことをコンペティター
というのだそうです。)

知りたい!ショパンコンクール

ショパンコンクールを知らない私が
1年かけて調べていって来年のショパンコンクールを
楽しく観ようという企画記事です。
記事のタイトルは全て同じ「知りたい!ショパンコンクール」
カテゴリーは「Ennjoyショパンコンクール」になっています。

課題曲一覧です。

事前審査 

・下記a およびb グループのエチュードから任意の各1 曲ずつ
a)
in C major, Op.10 No.1
in C sharp minor, Op.10 No.4
in G flat major, Op.10 No.5
in F major, Op.10 No.8
in C minor, Op.10 No.12
in A minor, Op.25 No.11
b)
in A minor Op.10 No.2
in C major, Op.10 No.7
in A flat major, Op.10 No.10
in E flat major, Op.10 No.11
in A minor, Op.25 No.4
in E minor, Op.25 No.5
in G sharp minor, Op.25 No.6
in B minor, Op.25 No.10

・下記作品から任意の 1 曲
Nocturne in B major, Op.9 No.3
Nocturne in C sharp minor, Op.27 No.1
Nocturne in D flat major, Op. 27 No. 2
Nocturne in G major, Op.37 No.2
Nocturne in C minor, Op.48 No.1
Nocturne in F sharp minor, Op.48 No.2
Nocturne in E flat major, Op.55 No.2
Nocturne in B major, Op.62 No.1
Nocturne in E major, Op.62 No.2
Etude in E major, Op.10 No.3
Etude in E flat minor, Op.10 No.6
Etude in C sharp minor, Op.25 No.7

・下記作品から任意の1 曲
Ballade in G minor, Op.23
Ballade in F major, Op.38
Ballade in A flat major, Op.47
Ballade in F minor, Op.52
Barcarolle in F sharp major, Op.60
Fantasy in F minor, Op.49

・下記マズルカから任意の2 曲
17, 24, 30, 33, 41, 50, 56, 59

一次審査 

・下記a およびb グループのエチュードから任意の各1 曲ずつ
a)
in C major, Op.10 No.1
in C sharp minor, Op.10 No.4
in G flat major, Op.10 No.5
in F major, Op.10 No.8
in C minor, Op.10 No.12
in A minor, Op.25 No.11
b)
in A minor, Op.10 No.2
in C major 0p.10 No.7
in A flat major, Op.10 No.10
in E flat major, Op.10 No.11
in A minor, Op.25 No.4
in E minor, Op.25 No.5
in G sharp minor, Op.25 No.6
in B minor, Op.25 No.10

・下記作品から任意の1 曲
Nocturne in B major, Op.9 No.3
Nocturne in C sharp minor, Op.27 No.1
Nocturne in D flat major, Op.27 No.2
Nocturne in G major, Op.37 No.2
Nocturne in C minor, Op.48 No.1
Nocturne in F sharp minor, Op.48 No.2
Nocturne in E flat major, Op. 55 No. 2
Nocturne in B major, Op.62 No.1
Nocturne in E major, Op.62 No.2
Etude in E major, Op.10 No.3
Etude in E flat minor, Op.10 No.6
Etude in C sharp minor, Op.25 No.7

・下記作品から任意の1 曲
Ballade in G minor, Op.23
Ballade in F major, Op.38
Ballade in A flat major, Op.47
Ballade in F minor, Op.52
Barcarolle in F sharp major, Op.60
Fantasy in F minor, Op.49
Scherzo in B minor, Op.20
Scherzo in B flat minor, Op.31
Scherzo in C sharp minor, Op.39
Scherzo in E major, Op.54

二次審査

・下記作品から任意の1 曲
Ballade in G minor, Op.23
Ballade in F major, Op.38
Ballade in A flat major, Op.47
Ballade in F minor, Op.52
Barcarolle in F sharp major, Op.60
Fantasy in F minor, Op.49
Scherzo in B minor, Op.20
Scherzo in B flat minor, Op.31
Scherzo in C sharp minor, Op.39
Scherzo in E major, Op.54
Polonaise-Fantasy in A flat major, Op.61

・下記作品から任意の1 曲
in E flat major, Op.18
in A flat major, Op.34 No.1
in F major, Op.34 No.3
in A flat major, Op.42
in A flat major, Op.64 No.3

・下記作品から任意の1 曲
Andante Spianato and Polonaise in E flat major, Op.22
Polonaise in F sharp minor, Op.44
Polonaise in A flat major, Op.53
both Polonaises from Op.26

三次審査

・Sonata in B flat minor, Op.35
または Sonata in B minor Op.58
または Preludes Op.28 全曲

・下記作品番号のマズルカ全曲
17, 24, 30, 33, 41, 50, 56, 59
※マズルカは作品番号順に演奏をする必要がある。
33,41 については次の番号順
Op.33
in G sharp minor No.1
in C major No.2 
in D major No.3
in B minor No.4
Op.41
in E minor No.1
in B major No.2
in A flat major No.3
in C sharp minor No.4

ファイナル
・Concert in E minor Op.11
または in F Minor Op.21

知りたい!ショパンコンクール

ショパンコンクールを知らない私が
1年かけて調べていって来年のショパンコンクールを
楽しく観ようという企画記事です。
記事のタイトルは全て同じ「知りたい!ショパンコンクール」
カテゴリーは「Ennjoyショパンコンクール」になっています。

今回は2015年の第17回の出場(参加)人数と審査方法を
調べてみました。

ビデオ(書類)審査 445名
事前審査 152名
(プログラムに載っていた参加者は158名だが6名が棄権した)
一次審査 78名
二次審査 43名
三次審査 20名
ファイナル 10名

事前審査からは半分ぐらいずつになっている。
観る方としてはわかりやすくて覚えやすい。

そして第17回の審査方法は
一次審査から三次審査までは
点数と次にの審査に進むのに相応しいかどうかの
2段階方式
点数は25点満点で採点
次に進むに相応しい場合はYes相応しくない場合はNo
ファイナルは
1位には10点、2位には9点・・・・と採点する
コンテスタントが審査員の生徒の場合は審査に参加しない
第17回の一次審査からファイナルまでの
審査結果はインターネットで公表されたそうです。
(ちなみにですが、第18回の審査員はネットでも
公開されていて、https://chopin2020.pl/en/jury/jury-competition
ピオトル・パレチニさんは反田恭平さんの先生です。)

ビデオ(書類)審査と事前審査の審査方法についても、
調べたんだけどよくわかりませんでした。
でも第18回のビデオの撮影の仕方と
提出する書類は調べられたので
近いうちに書こうと思います。
課題曲について、詳しく書こうと思っていたのですが
だいぶ先になってしまいそうなので、
次の記事に先に一覧だけ載せておきます。
(といってもコピペ記事です。)

カレンダー

06 2020/07 08
S M T W T F S
4
9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新コメント

[07/08 くらぽん]
[07/08 あずにゃん]
[07/08 くらぽん]
[07/08 NONAME]
[07/02 くらぽん]

コメントについて

いつの、どの記事でもかまいません。反論でもかまいません。熱くなってつい長文になってしまってもOKです。何か感じたことがあったら遠慮せずに書き込んでください。それまでに書かれたコメントとかぶってもいいし、読まずにコメントしてもOKです。タイトル、名前は書かなくても送信できます。たくさんのコメントお待ちしています。

リンクについて

このブログはリンク歓迎、連絡不要です。 私もたくさんリンクを貼っているので、お役に立てるのであれば、どんどんリンク貼ってください。

このブログについて

2016年7月にココログで「初心者だけど、ピアノが好き」という名前でブログを書き始め、2018年9月に「sound note」に名前を変え、2019年7月に忍者ブログに引っ越しました。ココログの時に書いていた記事とコメントを移しましたが、コメントにタグが入ってしまいました。ココログのほうも残してありますので、読みにくい場合はhttp://yumiko.tea-nifty.com/piano/をご覧ください。

マイチャレンジ

メール

P R